ビットコイン投資・ビットコイン資産運用サービスを徹底比較!

【仮想通貨】モネロ(XMR)の入手方法


本エントリでは仮想通貨モネロ(XMR)の紹介と入手方法を取り上げます!

モネロ(XMR)とは

Monero(モネロ)は、エスペラント語で、「コイン」「硬貨」という意味を持つ仮想通貨(アルトコイン)の一種です。
Moneroは、CryptoNightを採用している「Bytecoin」というコインのソースコードを元にしています。

モネロ(XMR)の特徴=匿名性

モネロの特徴として一番なのがその「匿名性」です。

モネロはBitcoinのソースコードを元にしていません。

CryptoNoteプロトコルに基づくオープンソースのProof of Workを使用しています。

CryptoNightは匿名性に特化しており、Bitcoinよりも匿名性が強いことが特徴です。

 

モネロの特徴=リング署名

CryptoNoteの匿名性は「リング署名」という技術が元になっています。

リング署名とは、グループの一員なら誰でも署名が可能で、

検証者に対して匿名性が保証できるデジタル署名の一種です。
リング署名で署名されたメッセージは、特定のグループの誰かによって承認されますが、

署名者同士を区別することはできません。

 

モネロの特徴=ワンタイムアドレス

Moneroのアドレスは「閲覧用」と「送金用」の二つの秘密鍵から生成されています。

一言でいうと、これは非常に長い!
アドレスはマスターキーのような役割を果たし

送金を行うたびにマスターキーがランダムなワンタイムアドレスを生成します。
送金の際はワンタイムアドレス宛にコインを送信するため、

第三者がマスターキーとなるアドレスを見でも取引履歴を確認することができません。

「閲覧用」の秘密鍵を公開することで取引履歴のみを外部に公開することができます。
ワンタイムリング署名ではミキシング(混合)とワンタイムキーを組み合わせることにより取引が追跡不可能となります。

モネロの価格

もともと600-800円台だったXMRの価格は一時期2000円を超えました。

現状は1000-1500円のレンジです。

直近は、注目が集まるにつれて上昇トレンドに入ってきています。

※筆者は1000円の時に手放して公開をしています。

モネロ(XMR)が購入できる取引所

国内主要取引所の一つCoincheck(コインチェック)では現在モネロ(XMR)の日本円での購入が可能です。

Coincheck(コインチェック)についてはこちらのエントリで紹介をしています。

海外取引所ではBITFINEXPoloniexでBTCなど他の仮想通貨と取引が可能です。

モネロ(XMR)からはしばらく目が離せない感じになりそうです。

 

1 件のコメント

  • sadai より:

    コインチェックでMONERO購入できますが外に送金できませんので何も意味がないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です