ビットコイン投資・ビットコイン資産運用サービスを徹底比較!

イーサリアムで高金利レンディングができる!スタイリッシュな仮想通貨取引所Liqui(リクィ)


 

イーサリアムに強みの仮想通貨取引所Liqui(リクィ)

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は仮想通貨取引所Liqui(リクィ)を紹介します。

Liqui(リクイ)はウクライナのキエフに本拠地を持つLiqui Trade社が運営する仮想通貨取引所です。

言語が英語とロシア語のみの展開となっていることからもロシア方面かなというのが伺えますね。

2016年にサービスをローンチしたばかりの比較的新しい取引所ですが、

スタイリッシュなUIとETHを基軸とした仮想通貨取引に大きなアドバンテージがあり、

今後仮想通貨界隈でも注目が集まるであろうニューカマーな取引所です。

Poloniex(ポロニエックス)のように非常に多くの通貨を取り扱っており、マージン取引やレンディングなども充実しています。

 

【特徴1】イーサリアム(ETH)のペア通貨が世界随一の充実度

Liqui(リクイ)の最大の特徴がイーサリアム取引の充実です。

イーサリアム取引においてはPoloniex(ポロニエックス)以上の充実度と言えるでしょう。

確認できるだけも33種類の通貨ペアがイーサリアム建で取引できます。

例えば主要な通貨ですと、

MYST, BAT,GNT,GNO,REP,DASH,LTC,BNTなどが交換可能です。

 

また、Trollbox(チャット)機能もついておりユーザビリティでいうとPoloniexに全く劣りません。

ダークテーマでカラー切り替えもできます。かっこいいですね。

 

 

 

【特徴2】独自のイーサリアム預金機能が高金利

Liqui(リクイ)にもレンディング機能があります。

 

Poloniex(ポロニエックス)のレンディング機能と異なる良さがあるので、

こちらもオススメしたいと思います。

Poloniex(ポロニエックス)のレンディング機能はこちらの記事に詳細があります。

 

(1)ピアツーピア(個人間取引)ではなくLiquiに預金する仕組み

Poloniex(ポロニエックス)のレンディングは個人間の貸付がマッチングで決まっていき、

都度変動がありますがLiqui(リクイ)の預金機能はLiqui(リクイ)に預ける体裁となっています。

銀行のようなものです。

おそらく、一部の運用、あるいはマージン手数料、あるいはマイニング収益を見越して

戻していくかたちになるのでしょう。

このため現状見る限りはレンディングレートが大きく動くということは見受けられません。

 

(2)イーサリアムレンディングの日利がなんとPoloniexの110倍!

驚きなのがイーサリアムの日利です。圧倒的な好条件になっています。

現状Liqui(リクイ)の日利は0.066%です、年利に直すと約23.76%です。

参考までにPoloniexのETHのレンディングレートは本記事執筆時点で日利0.0006%しかありません。

なんとその差、約110倍!

イーサリアムを取引せずHODL(=ガチホ)したい方にとってはメリットが大きいのではないかと思います。

 

マージントレーディングと、おそらくピアツーピアのレンディング機能は今後実装予定とのことで、

期待感が高まります。

 

【特徴3】BTC建通貨ペアも豊富

最後に、イーサリアムの話が中心でしたが、もちろんBTCのペアも豊富です。

現状は、イーサリアムのペアと同じ通貨が取引できます。

モバイルゴー(MGO)、ノシス(GNO)など注目の新規上場通貨も取り扱っています。

 

以上が、Liqui(リクイ)のエントリとなります。

イーサリアムにフォーカスし、かつ使い勝手の良いユーザーインタフェースであり

このまましっかり運営をしてくれれば次のトレンドになりうる取引所だなあと

個人的には非常に期待感があります。

機能拡充や取り扱い通貨の増加など今後はより一層盛り上がってくることが楽しみです。

本エントリは以上となります。

Liqui(リクイ)のサービスページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です