ビットコイン投資・ビットコイン資産運用サービスを徹底比較!

【規模はどのくらい?】2017年6月 仮想通貨最新時価総額ランキング


変動が激しい仮想通貨界隈ですが、2017年6月時点の最新の時価総額ランキングを紹介します。

全て日本円換算でのエントリーとします。

仮想通貨全体のマーケット規模は約10兆円

 

 

 

まず、現時点でのマーケット規模は10兆円。

半年前と比べても10倍近くに伸びています。驚きですね。

企業と比べるとマクドナルドが10兆円なのでそれくらいです。

ちなみにappleは60兆円以上です。すごいですね。

逆にいうとまだまだ仮想通貨全体の伸びしろが予見されます。

 

1位はビットコインで4.5兆円

以下がランキングとなります。

 

 

1位はビットコインで4.5兆円。一時期の急騰では5兆円を超えています。

 

 

 

 

安定的な(?)成長を遂げています。直近はSegwitやUASFなどの懸念がありやや鈍化か。

2位はイーサリアムで3.6兆

 

 

 

 

 

 

2位はイーサリアムですがだいぶビットコインに肉薄してきました。

イーサリアムプラットフォームを活用したICOの過熱やエンタープライズアライアンスの注目などで

一気に時価総額が上昇しています。

 

仮想通貨時価総額3位以下は?

3位はRippleで9,000億円。1兆円までもう少し!

Rippleに関しては日本人の投資が集中している印象です。

4位はLitecoinで2,000億円。堅調に伸ばしています。

5位以下は、NEM、イーサリアムクラシック、Dash、IOTA、Bitshares、Straitsが続きます。

先日まで上位であった、Monero、Zcashは順位を下げています。

ちなみに 11位以下はこんな感じです。

 

 

 

全体感としては、ビットコイン比率が下がりアルトコイン攻勢

つい先日まではビットコイン1強というかたちでしたが、

マーケットがアルトコインに移りつつあるのが見てとれます。

 

 

 

まとめ

・仮想通貨全体のマーケットは急速に拡大している。スピード感は異様なほど。

・ビットコインのドミナンスが急速に下がってきていて、アルトコイン時代の幕開け。

・ICO銘柄の時価総額が急速に上がってきている。最近のトレンド。

 

といったところですね。

それでは本エントリは以上となります。

 

参照:Crypto-Currency Market Capitalizations

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です